Zeiss Ikon  CONTESSA
 

 西ドイツ・ツァイスイコン社製で1950(昭和25)年発売。カールツァイス財団及びその子会社であるツァイスイコン社は、先の大戦でドイツが降伏した事で、ドイツ国内において最大の被害を被った企業である。

企業としては云うまでもなく、技術力、品質、研究部門も名目共に業界世界一であったがために、工場の設備だけでなく、レンズ設計などの研究者も、東側(ソ連)と西側(主に米国)で奪い合いの泥仕合を展開し、東西ドイツ双方に「カールツァイス」「ツァイスイコン」の両社が存在する事となった。

この社名や商標などをめぐって国際裁判にまで発展し、東側が社名に「人民公社」と名乗る事により、一応決着がついたのだが、戦時中まで本拠地だったドレスデン(東側)が「本家・元祖」であるのは云うまでもない。


こうした経緯があって、わざわざ「Stuttgart」と表記があるのだ

 こうした悲しい経緯があって、戦後の混乱がようやく落ち着いてきた頃に西側で発表されたのが「イコンタ35」であり、イコンタ35に距離計や露出計などを装備させた高級志向の新製品が、このコンテッサである。

因みにコンテッサとは「伯爵夫人」という意味だそうで、本機はデザイン的にも大変優れており、また端正な顔つきであるデザインの為に操作性も犠牲になっていないので、決して「名前負け」をしていないと評価しているのは、私だけではあるまい。

むかし日野自動車にコンテッサという車種があった。ツァイスイコンのこのカメラと日野の乗用車とは何の脈絡もない筈だが、語源は一緒だ。


折りたたむと非常にコンパクトになる
中央部の下側にあるのは、三脚のネジ穴(化粧ネジ付)

 採用のレンズは、ツァイス自慢のテッサーで、写りは21世紀になった今でも充分に通用する。勿論使用するフィルムは現行のものがそのまま使用できる。

ファインダー自体はお世辞にも見やすいとは云い難いが、それでもライカVFやフォクトレンダー・ビテッサのファインダーより見やすく、距離計の二重像も合わせやすい。


ツァイス独自のドレーカイル(楔形プリズム)式距離計
この機構のおかげで、本体側と機械的な連動がなくとも距離計が使えて
筐体の小型化に貢献しているのだ


レンズ側のシャッター速度や絞りに連動しないが
電池不要のセレン露出計が装備されている。
発売後60年経った今でもオーバーホールにより正しく動作しているのは驚嘆に値する


 

 メーカー   ツァイスイコン(Zeiss Ikon)
 形  式   35ミリレンズシャッターカメラ
 レンズ交換   不可
 ファインダー   アルパダ透過型一眼式距離計内臓ファインダー
 シャッター   レンズシャッター(シンクロコンパー)
 シャッター速度   B,1s〜1/500 X=1/500
 発売年   1950(昭和25)年


 

戻る
 

inserted by FC2 system